「恋空」ドラマへの批判は?

「恋空」ドラマへの批判は?

何人もが観やすく美しく表現されてしまうのがドラマでもあるが、こういった具合に「恋空」は疑惑点も多々在り、批判も多々ある。
殊更に若年層をターゲットにして、ショッキングなシーンもあるのに、ヒロとの別れを美しく表しているのが「恋空」である。

 

ただ、切なく悲しいものだけではなく、疑惑点や批判が少なくないのも恋空人気のバロメーターなのじゃないだろうか?
疑惑点や批判が少なくないから、逆にどこまでが実体験でどこからが書きプラスされたものなのだろうと知りたくなり、いよいよ観たくなるのかも知れない。
1つの疑惑点を発見してしまうと、ではここは?と次々でてくからだ。
しかしながら、これだけ疑惑点がでてきてしまうと、実体験はほんの一部で殆どが書きプラスされたものなのじゃないかと実感してしまう。

 

私は「恋空」の小説は詠んでいないが、映画での疑惑点がドラマではどう描かれるのかと云う事にも途方もなく興味がわいてきた。

 

小説や映画を観て批判していた人達も、そういう意味で「恋空」のドラマを観るのじゃないだろうか。
新たな疑惑点も見つかるかも知れない。
更なる批判もあるかも知れない。
そして、その疑惑点や批判の意見交換が実行されるだろう。
また「恋空」がネットを賑やかす日も来るだろう。

 

そういう点を踏まえて、ちがう意味でも楽しみなのが「恋空」のドラマなのかも知れない。
中高校生はなかなかどうして疑惑点にも気付かないかも知れないが、ちがう視点で観てみる事も必要なのじゃないだろうか。

 

世俗に有益な話柄

page top