ワキガ手術の超音波治療法

ワキガ手術の超音波治療法

近年ワキガ手術の中で最先端技術として注目されているのが「超音波治療法」である。
超音波治療法ではワキの下を数ミリ切開する。
そこから超音波をだす器具を挿入して、超音波に拠って汗腺を破壊したあと吸引すると云う方法である。
超音波治療法の長所としては、傷跡が小さくて後遺症の懸念も多くはない事である。
肉体的な痛手が途方もなく多くはない事が特徴点である。
超音波の周波数や出力を適切にして組織を傷つける事なくアポクリン汗腺やエクリン汗腺等だけを破壊して除去する事ができるのだ。
その為手術後の合併症も生じにくいものである。
神経や血管等を傷つける危険性も低いので後遺症や出血等の懸念も殆どないのである。
ワキガ治療の効果も高いのが長所とも云える。
手術時間が両ワキ行っても30分レベルで完結してしまうと云う点も喜ばしいポイントである。

 

超音波治療法の短所としては、治療費が高い事である。
超音波治療法で使用する器具は最先端のものな為、機器が高くて、更に扱いしているクリニックも多くはないものである。
他のワキガ手術とおなじ様にして、この超音波治療法にもドクターの高い技術力が必要となる。
超音波の扱いに慣れていない人が実践すると、同じ場所ばっかりに照射してしまい火傷してしまう事もあるそうである。
経験豊富で技術のあるドクターにワキガ手術を頼む事。
これはどのワキガ手術方法でも同じ事が云えるとおもわれる。
そして完璧にアポクリン汗腺やエクリン汗腺がなくなる訳でもない為、ワキガの臭いが残ってしまう事もあるし再発する可能性もある。

page top