予防医学と子宮癌(がん)に関して

予防医学と子宮癌(がん)に関して

若い女性の中には、自分には子宮癌(がん)なんて関係ない、年をとってから心配すればいい、と考えている人もいるようであるが、ここ20年の間に20から30歳代の女性が子宮癌(がん)にかかる率がおよそ4倍にまで増加しているというデータが有る。
子宮癌(がん)は年代に関係なくかかる可能性のある病気で、食生活の欧米化も、子宮癌(がん)にかかる人が増加した原因の1つであるようである。
予防医学で言われるように、早期発見あるいは対策して早い時期治療をすることで重症化を防げるので、ぜひとも継続的に検査を受けて欲しいと思う。

 

子宮癌(がん)には子宮体癌(がん)と子宮頚癌(がん)が有るが、20から40歳代の若い年代に多いのは、子宮頚癌(がん)である。
子宮頚がんは殆ど自覚症状がないため、早い時期に発見するためには、20歳代からの継続的な子宮癌(がん)検査が肝心になってくる。
早い時期に発見できれば、子宮を残したままの治療が可能である。
子宮癌(がん)検査はついつい敬遠されがちな検査で、日本ではその受診率が20%程と低く為っている。
実際の子宮癌(がん)検査は子宮の入り口、子宮の中から細胞を採取するもので、ちょっと引っ張られる感覚をおぼえる人もいるが、数分で終焉を迎える検査である。

 

若い女性でも「自分は大丈夫」と思わずに、ちょっとの勇気を出して子宮癌(がん)検査をぜひとも受けることをおススメする。
予防医学の観点からも、万が一子宮癌(がん)の可能性があったとしても、早期発見あるいは対策が何よりの治療法になる。
継続的に検査を受け、自分の身体は自分で守ろう。

page top