足つぼ・東洋医学の考え方について

足つぼ・東洋医学の考え方について

西洋医学では、いま1つ効果を発揮できない慢性的な痛みや痺れ(しびれ)に対し、近頃、効果が待望されているのが、東洋医学の針灸治療である。

 

針灸治療というのは、身体に位置する数々のツボ(経穴)に針を刺したり、灸をすえたりして刺激し、そのツボに対応する臓器や組織の活動を活発にするものである。また、ツボを押したり、叩いたり、突いたりして刺激することでやや素人でも容易にできることで大人気なのが、ツボ療法である。中でもツボが集中する足の裏のツボを刺激する「足ツボ療法」が大人気である。

 

東洋医学は、中国の古代哲学が基礎に為っている。古代中国の人達は、人間の身体のことも包含して宇宙レベルでおこるあらゆることは、陰陽論と五行論の2つの考え方で成り立っているとしてきた。

 

「宇宙の全部のものは、陰と陽の2つの相反する要素から成り立っている」と考えるのが、陰陽論である。例えば、太陽と月、物体の表と裏、男と女、これらは全部前者が陽、後者は陰ととらえる。更に1人の人間の体の中でも、背中が陽で、それに対する腹部は陰というように陰陽に二分されると考えるのである。

 

もう1つ、東洋医学の考えの基盤と為っているのが、五行である。自然界のいろんな現象を「木火土金水」という5つの要素に分けて、その因果関係を解説しようとするものである。人間の体内にある臓器(五臓六腑)も全部「木火土金水」の5つに当て嵌めて考えるのである。

page top